フィトリフト 敏感肌

MENU

フィトリフトは敏感肌の方にもオススメな理由を紹介!

敏感肌になる原因は、スキンケアや食事内容、ストレスやホルモンバランスの乱れ、睡眠不足や体質など人によって様々です。
今回の記事では、敏感肌の方が化粧品を選ぶ時の3つのポイントを紹介していきます。

敏感肌って一体何?

そもそも敏感肌とは、化粧品や紫外線などの「外部からの刺激」に対して弱い肌のことをいいます。
症状としては、かゆみかぶれほてりなどが挙げられます。
このようなデリケートな症状が肌に起きてしまうことを敏感肌といいます。

敏感肌には保湿力が重要!

敏感肌に重要なのは何といっても保湿力です。
お肌が乾燥してしまうと、バリア機能が低下し敏感肌になってしまいます。
保湿に良いとされるよく耳にする成分は、セラミドやプラセンタ、ヒアルロン酸などがありますよね。
実はその超有名な成分よりも注目されている新成分があるんです。
それが「フィト発酵エキス」です。
「フィト発酵エキス」は白たかきび(ホワイトソルガム)」を用い、「パントエア菌」を発酵・培養して、医学の研究過程で生み出されたものです。
プラセンタなどの動物性原料とは違い、安全な植物性の天然成分です。
肌のバリア機能をサポートしてくれ、また免疫機能を正常化してくれる作用があります。

 

そんな期待の成分のパワーは
○ハリ⇒プラセンタの約2倍
○弾力⇒コラーゲンの約3倍
○保湿力⇒ヒアルロン酸の約6倍

もあります。


プラセンタと聞くと、ついつい飛びついてしまう私もこれにはびっくりです。
また、近年多くの方が悩みを持つアレルギーやアトピーを緩和してくれる作用もあり、実際にアトピー疾患部にも改善がみられたというのも驚きでした。

添加物(成分)はどうなの?

敏感肌で気を付けたいのが添加物です。
添加物は保存性の向上や成分の安定など、様々な理由で使用されます。
ただ敏感肌の方にはやはり負担は大きいです。

 

化粧品を選ぶときは、極力添加物の少ないものをお勧めします。
「フィトリフト」は無鉱物油、無香料、無着色、動物性原料不使用、ノンパラベン、遺伝子組み換え原料不使用と、無添加処方で敏感肌の方でも安心して使用できます。
パラベンは保存性を高める成分なので、これを使わないと保存力がないのか不安になる方もいるかもしれません。
ただ「フィトリフト」は未開封で3年保管できる安定性をクリアして製品以外出荷しないので安心して使用できます。

 

アレルギー・パッチテスト(安全性)は?

そして最後に着目したいのが、化粧品がアレルギー・パッチテストを行っているかどうかです。
やはりしっかりと管理・検査を徹底している化粧品だと安心です。

 

まとめ

敏感肌の原因は色々ありますが、化粧品では保湿成分、安全性をしっかりみて購入してください。

 

私は高保湿、無添加処方、かつ安全性の高い「フィトリフト」を使って、お肌の赤みなどがなくなり効果をかなり実感してます。

 

使って1ヶ月でこんな感じです↓↓

 


 

左がビフォーで、右がアフターですが、両方ともすっぴんです。

 

自分でもかなり肌質が改善されてきたと思います!
肌の赤みも減って、モチモチ感がアップしました〜!

 

敏感肌の方でも安心して使えるエイジング機能のオールインワンジェルは珍しいので、迷ってる方はにはぜひ1度試してみることをおすすめしますよ♪

 

関連記事

フィトリフトの口コミは?
アットコスメでフィトリフトの評判を比較してみました!【良い口コミ&悪い口コミ】
フィトリフトの効果や成分を徹底解説!【私の写真付】